【第3章】スロットを始めて1年でプラス200万円達成!今こそ野望成就のとき!?

うっちー
うっちー
こんにちは。うっちーです。

今回はプロフィール第3章。

 

スロットという稼ぐ手段を身につけたことで、
『100万円貯めて彼女をフェラーリに乗せてやる』という野望を思い出した僕。

そして野望成就が目前にせまったとき、最大の危機がやってきます…。

 

うっちーのプロフィール

 

 

最大の危機到来

スロプロをマネた天井狙いで2ヶ月目にして+29万円。

これで「スロットは勝てる」と確信した僕は、ほぼ毎日ホールへ通って天井狙いし続けました。

 

それこそ休みの日は開店から閉店間際まで。仕事帰りも閉店まで。

ホールへ行かない日なんて月1~2日あるかどうかでしたね。

 

 

そのおかげで、スロット初心者ながらも毎月20万円前後を勝ち続け、
たった1年で目標額の倍、200万円を達成!

 

もうね、自分が一番びっくりですよ。

だって年収とほぼ変わらない額をスロットで稼いでしまったので、一気に収入が2倍になったんですから。

 

 

気付けば、あの野望ができてから1年以上が経過。

お金は十分すぎるほど貯まりました。

 

はじめは半日レンタルでドライブするくらいのつもりでしたが、200万円もあれば2日くらいレンタルして泊まりの旅行だってできます。

 

 

「あんまり遠くまで運転するのは怖いけど、近場の温泉旅行くらいなら行けるな」

「どうせなら良い旅館をとって贅沢を…!」

「そういえばフェラーリを披露するタイミングはどうしようか…」

 

もう野望成就まで秒読みだと思っていたそのときです。

彼女から別れを切り出されたのは…。

 

 

 

野望を打ち明ける

「もう別れたい」

LINEでそう告げられて、一瞬意味がわかりませんでした。

その前日まで普通に接していましたから。

 

 

あわてて電話で理由を聞くと

「スロットばかりでかまってくれないから」とのこと。

 

たしかにスロットで勝てることを知ってからはお金を稼ぐことに夢中で、彼女と連絡を取る回数も減っていました。

 

できれば野望のことは話したくなかったので、必死で謝りましたが

「寂しい思いをするのがつらい」といって納得してくれません。

 

 

彼女のためにお金を稼いでいたとはいえ、それで別れてしまっては本末転倒。

仕方なく野望を打ち明けました。

 

後輩のスポーツカーに乗せてほしいと言っていたのが悔しくて、「じゃあ僕がフェラーリに乗せてやろう!」と思ったこと。

レンタルとはいえかなりのお金が必要なので、100万円貯めるのに必死だったこと。

そして思ったよりも大金が貯まったから、旅行に行こうと思って準備していたこと。

 

 

しかしその話を聞いた彼女の反応は

「そんなこと言ったっけ?」

 

 

スロットばかりだったのが自分のためだったと知って許してはくれましたが、なんとも釈然としない感じ。

1年間あんなに頑張ったのに…。

 

 

 

スロットで生活が豊かに

結局、僕の野望が成就することはありませんでした。

しかしホールへ行く時間は減らしたものの、スロットで稼ぐこと自体は継続。

 

あ、もちろん彼女にも許可を取りましたよ。

『次に彼女よりスロットを優先したら別れる』という条件付きで(笑)

 

 

時間を減らしたとはいえ、2年目ともなると僕のレベルも向上。

天井狙いだけでなく設定狙いも含めながら、毎月20万円前後は勝ち続けてました。

 

スロットという給料以外の収入を得る手段ができたおかげで、

就職したての頃からずっと欲しかったけど手が出なかった25万円の腕時計を買えましたし、

彼女にも今までより豪華なプレゼントをしたり、2~3ヶ月に1回の頻度で旅行に行けるようにもなりました。

 

 

お金に余裕ができ、彼女とも順調。

そんな順風満帆な人生でしたが、彼女が短大を卒業して就職したころからちょっとした異変が起こり始めます…。

 

第4章へ続く。

【第4章】
彼女のうつ病と自殺未遂。そして結婚。僕は人生の大きな分岐点に立つ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)